難加工材対応

ホーム > 金型製作と事業内容 > 難加工材対応

難加工材対応CVDコーティング金型とは?

CVDコーティングとは、化学蒸着処理加工のことです。 母材となる超硬合金の表面で科学反応を起こさせて、炭化チタン、炭窒化チタン、窒化チタンの蒸着物質を合成し、成膜させます。

CVDコーティングの特徴は、まず、高温での熱化学反応により、密着力に優れ、冷間鍛造金型等の高圧面下での使用に最も適したコーティング膜圧が得られることです。

難加工材対応CVDコーティング イメージ

従来のPVD(単膜層)コーティングと比較すると、多層膜化により、強度・耐磨耗性・耐焼付性が飛躍的に向上します。また、枚岡合金のCVDコーティング金型は、超硬合金単体に皮膜処理を行いますので、超硬合金とダイス鋼一体型での単層被膜処理(PVDコーティング)と比べてはるかに、複雑な形状、細穴内部へも均一にコーティングをすることが可能です。

SUS材等の絞り加工や深絞り加工、異型絞り加工において、母材の表面に密着しているこのCVDコーティングが、早期の焼付きを防ぎ、金型寿命の向上に大きく貢献しています。

難加工材とは

難加工材とは「鍛造で形に表し難い素材」「量産出来にくい素材」のことです。 具体的にはステンレス鋼、チタニウム合金、アルミニウム合金、マグネシウム合金、ニッケル合金などのことを指します。 「切削なら加工できるが、製作コストが高くなってしまう」 「量産すると製造リードタイムが長くなってしまう」 など、通常の加工材を用いた際に起こる数々の課題に対し、各産業分野の部品メーカーからの改善の要望があり、鍛造業界は難加工材への挑戦を始めました。

情報家電、ロボット、産業機械、航空機、自動車、医療分野等からの期待が高まっており、鍛造メーカーと金型メーカーにおいては難加工材の製品を高度基盤技術として位置付け、各社とも研究開発に取り組んでいます。

枚岡合金としては現在、ステンレス鋼、高強度炭素鋼等のさらなる鍛造量産化に取り組んでいます。また、そこで培った高寿命化ノウハウを新素材への水平展開へと発展させ、さらに小型化・軽量化・特殊素材(マグネシウム、チタン、ニッケル合金等)への対応にも、全社をあげて日々意欲的に研究開発を進めています。

ここが枚岡のイイトコロ!

難加工材だけでなく、お客様の様々なご要望やニーズに柔軟に対応していくのが枚岡合金工具の方針です。「できない」から始めるのではなく、「チャレンジ」するのが弊社の一貫した姿勢です。その経験が次の技術へのステップになると考えています。また、そうやって培ってきた62年の成果が、現在の枚岡合金工具を支える原動力となっています。他社では難しいといわれたことでも、ぜひお気軽にご相談下さい。

ページトップ


経営コンサルティング・ITコンサルティング・WebコンサルティングとWebプロデュースのITY株式会社ITY